11/23(祝水)「和華の雅び 〜尺八・箏・二胡の響き〜」を銀座千年藝術学院にて開催いたします。

来る11月23日(祝水)の14時〜開演予定の 「和華の雅び 〜尺八・箏・二胡の響き〜」はただいま好評チケット発売中です!
尺八、箏、二胡による邦楽と中国古典楽曲の世界、正統的な和中のコラボレーションを是非この機会にお楽しみくださいませ。

お申込みはこちらから→ http://kaon-music.com/concert/

20161123尺八箏二胡
出演奏者プロフィール:

尺八:友常 毘山
幼少より代々受け継がれてきた家伝の弓術、剣術、茶の湯、香、法螺貝の手ほどきを父より受ける。
2005年千葉大学文学部史学科卒業。
2009年東京藝術大学音楽学部邦楽科尺八専攻卒業。
2011年同大学大学院修士課程音楽研究科邦楽専攻修了。
同大学邦楽科非常勤講師(教育研究助手)を務める。
尺八を山本邦山師(人間国宝)に師事。
2008年都山流准師範試験首席登第。
2009年アイスランドにて日氷文化交流演奏を務める。
2011年都山流師範試験首席登第。
2013年ハバロフスク、サンクトペテルブルグにて日露文化交流演奏を務める。
2014年北京にて音楽学院同士による日中交流演奏を務める。
都山流本曲コンクール全国大会にて入賞。
2015年ベルリンにて大使館主催の日独交流演奏を務める。
毎月、古典曲(箏や三絃との合奏)と尺八本曲を演奏披露する月例会を開催。

箏:山水 美樹
幼少よりピアノ、打楽器、箏、三絃、十七絃と幅広いジャンルの音楽に触れて育つ。
平成19年度生田流正派准師範試験首席登第。(雅号:山水雅楓)
東京藝術大学内にて稀音家浄観賞受賞、アカンサス音楽賞受賞。
これまでに中島靖子、宮本幸子(雅都貴)、大久保雅礼、下平波留美(野沢雅世)の各氏に師事。
東京藝術大学音楽部邦楽科生田流箏曲専攻を経て、同大学院修士課程卒業。
修士論文では「宮城道雄作曲《越天楽変奏曲》の研究−独奏箏演奏譜における一解釈の提案−」を執筆し、学位審査演奏会にて東京藝術大学内有志オーケストラと《越天楽変奏曲》を共演。
生田流正派邦楽会師範。
同声会、森の会、日本三曲協会、生田流協会、各会員。
正派合奏団、邦楽器合奏のための和楽団「煌」団員。

二胡:春恵(チュネ)
中国政府奨学金生として中央音楽学院(北京)の民族楽器科に学ぶ。
北京にて国家第一級奏者ガオ・ヤン氏、ヤン・シュエ氏、上海にて国家第一級奏者ミン・フイフェン氏など各師に師事。
中国楽曲だけでなくジャズやクラッシック、オリジナル、アレンジ等、中国古典楽器や西洋楽器、和楽器など多ジャンルの共演やレコーディングなど幅広く活動中。
パリ・ロンドン・北京・ソウル等での海外文化交流演奏も務める。
2013年〜現在 ユネスコ平和芸術家城之内ミサ「世界遺産トーチランコンサート」に参加
第1回 ”中日韓国際二胡音楽コンクール” 海外部門「金賞」受賞。
第29回”アジア国際音楽コンサート”中国音楽理事会主催 「銅賞」受賞。
第14回 ”万里の長城杯国際音楽コンクール” 総合入賞「審査員特別賞」受賞。
中国民族管弦楽学会会員

ユーラシアの燦めき 〜二胡とピアノの響演〜 @赤坂ベヒシュタインピアノサロン

20161001チラシ来る10月1日は、赤坂のベヒシュタインサロンにて「ユーラシアの燦めき 〜二胡とピアノの響演〜」の演奏会を予定しております。
ピアノのストラディバリウスと言われるベヒシュタインと東洋のバイオリン二胡の響きをユーラシア大陸を駆け巡るプログラムで存分にお楽しみいただける構成となっております。
またこちらのピアノサロンに置いてある約1000万円のグランドピアノでご披露させて頂く大変貴重な公演となっております、西洋と東洋の融合をぜひお楽しみくださいませ!

お申込みはこちらから→ http://kaon-music.com/concert/

Bloom Chord演奏模様

二胡のチュネです、むち打ち事故のほうから2ヶ月近くが過ぎ、ご心配おかけしました皆様には誠にお詫び申し上げます。
現在は復帰し先日は医療学会に二胡・笛・チェロ・ピアノの新ユニット「Bloom Chord」として2000人は入る、かの新高輪プリンス「飛天」にて1時間ほど演奏させていただきました。
民族〜ジャズ、クラシック、ヒーリングまで多種多様のプログラムでお客様から帰りがけにお声がけくださったりと反応も良く本番はバッチリまとまりました!!
今後ともBloom Chordともに何卒宜しくお願い申し上げます!

4月8日Bloom Chordのコンサート延期のお知らせ

4月8日にお披露目予定だった新ユニットBloom Chordの結成コンサートは、二胡チュネ先生による追突事故の被害によるケガ(全治2週間)で急遽延期させていただくことになりました。
既にご予約いただいていたお客さまには大変ご迷惑をおかけしますが、復帰後あらためてリスケジュールできればと思っております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
詳細等は既にBloom Chord公式サイトにてご案内はさせていただきましたが、こちらでのご報告が遅くなってしまい申し訳ございませんでした。
怪我から1週間が経ち、少しづつ回復している様子が伺えます、ご心配いただいてメッセージ等をくださった多くのお客様や関係者の方々にはご迷惑おかけしましたこと重ねてお詫び申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます!

20160408Bloomコンサート

シャオロン先生が上海にて開催された国家精神貢献者授賞式にて五弦琵琶を演奏

先日、琵琶のシャオロン先生が上海シャングリラホテルにて開催された国家的な文化授賞式典「2015年第八回《生活月刊》国家精神貢献者授賞式」にて正倉院五弦琵琶(唐代五弦琵琶)を演奏してまいりました。
世界的に活躍する映画監督チャン・イーモウ氏をはじめとする芸術家、写真家、作家などの文化人が授賞し、昨年の受賞者でもある世界的作曲家タン・ドゥン氏指揮のもと上海愛楽交響楽団と客席から携帯を使って鳥の声を再生しオーケストラと合奏するという非常に斬新な試みのあと、シャオ・ロン先生による武則天作曲の唐代琵琶楽曲の披露が華やかに行われました。
「生活月刊」は中国を代表する美を追求した文化雑誌です。式典には数多くの文化人・著名人が列席し授賞を祝いました、このような貴重な晴れ舞台でシャオロン先生は唐代の演奏を現代に甦らせ会場は感動につつまれました。

▶️こちらより演奏模様(20秒)がご覧いただけます。

0

10月1日 ヤナーチェク弦楽四重奏団とシャオロン先生(琵琶)が共演!!!

20151001yanatiekusq-tirasi1112015年10月1日東京文化会館小ホールにてシャオ・ロン先生とチェコの至宝ヤナーチェク弦楽四重奏団の共演を予定しております。
2010年に続き第2回目のステージは前回同様、世界的作曲家タン・ドゥンの作品【中国琵琶と弦楽四重奏のための協奏曲】をご披露いたします。
5年を経た名手たちの共演、円熟味を増した演奏に今から期待に満ちあふれております。
ヤナーチェク弦楽四重奏団の数少ない来日機会に加え、琵琶と弦楽四重奏の織りなす国際色豊かなアンサンブルでタン・ドゥン作品の至極の美を存分にお楽しみください。

 

パリJapanExpo、ロンドンHyperJapanでの演奏

パリJapanExpo、ロンドンHyperJapanでの演奏

二胡のチュネ先生がパリJapanExpo、ロンドンHyperJapanの舞台にて演奏してまいりました!
お写真を頂きましたので、遅ればせながら報告させて頂きます。

パリは1日めは5,000人会場、2日めは15,000人会場にて、ロンドンは1000人のライブステージでの演奏だったそうです、パリではヨーロッパ最大のコスプレショウが始まる直前の音楽ステージに出演、パリもロンドンも会場にはぎっしりのお客様!!! なんとロンドンでは、XJapanからYoshikiさんとToshiさん,MayJさん、そして「黒石ひとみと美しの里シスターズ featuring 梯郁夫」のステージで二胡をご披露したそうです!幻想的な音の世界が写真からもヒシヒシと伝わってまいります。

本当にどれもスケールが大きく美しいステージですね!是非とも会場で聴きたかったです~!!!!
次の機会には是非ツアーでご一緒させて頂けたらと思います。

チュネ先生そして演奏者の皆様、関係者各位大変お疲れ様でした。

二胡講師チュネ先生がヨーロッパ演奏ツアーへ

二胡講師のチュネ先生が、7月にパリのジャパンエキスポとロンドンのハイパージャパンのステージにて演奏致します。
毎年パリ、ロンドンの両都市で反響を呼び、年々来場者人数が増え続けている大変有名なエキスポでの演奏です。
アジアの素敵な音色をヨーロッパに届けるとても素晴らしい機会、香音事務局スタッフ一同ともに応援しております。
いまからツアーの報告とお土産話も心待ちにしております。

二胡の生徒さんがボランティア演奏を披露

二胡の生徒さんによるボランティア演奏グループ「香音二胡の会」は、介護施設・ケアセンターなどへのボランティア演奏活動もしております。
こちらに参加している中上級の生徒さんは、社会貢献と趣味を兼ねながら充実した時間を過ごされています。

先月はケアセンターにお伺いして、日本の懐かしの童謡から二胡の人気の楽曲など約50分の演奏を披露しました。
デイケアサービスの皆さんは大変元気で、会場は二胡に合わせて大合唱だったそうです。
発表までの準備期間中は講師による合同集中レッスンのほか、生徒さんが自主的に集まって合同練習をしたり、また楽器の説明も挟みつつの司会進行や衣装をそろえたりなど様々な工夫や努力の甲斐もあって、大変喜ばれたそうです。

講師もボランティア演奏の成功にホッと胸をなでおろしつつ、何より報告してくれた生徒さん達の笑顔がとても印象的で非常に嬉しかったです。

初級で始めた方も、徐々に曲を覚えつつありますので、今後参加できる生徒さんの数も増えていくことでしょう。
今後人数も増えれば二胡のハーモニーも色々工夫できますので、更にとても楽しみですね。

4/18 「天台声明・琵琶・二胡の響き」公演ご報告

4月18日に行われた天台声明・琵琶・二胡の響き」公演のご報告をさせて頂きます。
当校3階スタジオでの演奏でしたが、実はこのスタジオ、音の響きがとても素晴らしいのです。

普段は国立劇場など大きな舞台でしか拝聴することができない声明公演をスタジオで間近に聴ける貴重な公演でしたので、声明の声と琵琶・二胡の響きが綺麗なハーモニーとなって体にダイレクトに響き渡るとても迫力のある演奏会でした。

前半では声明の響きと声明の詳しい解説なども入り大変勉強になりました、その後、声明に琵琶と二胡の伴奏をつけての今様諸天山をご披露。
後半は、琵琶と二胡のデュオ、ソロ演奏を交えながらお届けいたしました。

今回の組み合わせはなかなか聴く事のできない、とても面白い公演だったと思います。
お席もすぐに埋まってしまったので、お越しいただけなかったお客様もまた次回の機会に是非お楽しみくださいませ!

shomyo20150418mini